中イキしやすくするバイブ5選!
中イキの練習にオススメ

中イキ開発におすすめバイブの選び方

中イキしやすくするバイブ5選|中イキしやすくするバイブ5選!|中イキの練習にオススメ

 

中イキ開発をしたい時、どのバイブを選べばいいのか分からないという人も多いでしょう。バイブは、どのように選べばいいのでしょうか?おすすめのバイブの選び方について解説します。

 

まず、バイブの素材をチェックしましょう。安全性の高い素材のものでなければ、安心して使うのが難しいと思います。おすすめの素材は、医療用エラストマー製のバイブです。
サイズにも、気を付けてください。大きい方が気持ちいいと思っている人もいますが、大きすぎると痛くて挿入できないこともあります。それぞれベストのサイズがあるので、大きさばかりを気にしないようにしましょう。セックスの経験がある人は、自分がこれまで一番気持ちいいと思えたサイズに近いものを探してみてください。よく分からない場合は、標準的なサイズから試してみてください。
形状によっても、かなりの違いがあります。中イキをするには外イキも大切なので、Gスポットを刺激できるのと同時にクリトリスも刺激できるものを選ぶといいでしょう。
また、バイブによって振動のパターンや動きなどが異なるので、自分が気持ちよくなる動きをするものを選びましょう。特に、スイング機能があるものは膣内で動き回るので、通常では得られない快感を得られるのです。

 

マリンビーンズが中イキ練習にオススメな理由

中イキは、したことがないという女性もたくさんいます。
中イキをするには練習が必要なのですが、その練習をしたことがないという人も多いのです。
練習をするには、マリンビーンズを使用するのがオススメです。
なぜマリンビーンズが中イキ練習にオススメなのか、解説します。

 

中イキしやすくするバイブ5選|中イキしやすくするバイブ5選!|中イキの練習にオススメ

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

マリンビーンズGスポット開発スターターセット

 

マリンビーンズとは?

マリンビーズは、女性に人気のあるバイブです。
1カ月間で3000個を売り上げるほどですが、何故それほど人気があるのでしょうか?
マリンビーンズの特徴を知って、その人気の理由を考えてみましょう。

 

マリンビーンズは、全長240mm、挿入部分はおよそ100mmで、先端部分の直径は約30mmです。
サイズ感としては、日本人男性の平均よりやや小さくなっています。

 

とはいえ、直径約3cmというのはサイズ天気に不満を抱くようなものではないでしょう。
むしろ、経験が少ない女性でもスムーズに挿入できるようなサイズになっているのです。

 

素材として使われているのは、医療用エラストマーというゴムの様な素材で、触感はプニプニとしています。
硬すぎず柔らかすぎず、ちょうどいい弾力の素材です。

 

中イキしやすくするバイブ5選|中イキしやすくするバイブ5選!|中イキの練習にオススメ

 

マリンビーンズの良い点と悪い点、価格

マリンビーンズの良い点として、スイング機能があります。
バイブにはよくあるスイング機能ですが、マリンビーンズのスイング機能は挿入部分の付け根を自在に曲げられるので、スイング幅を変更できるという点が優れているのです。

 

膣内で気持ちよくなる場所は、人によって異なります。
そのため、スイング幅が合わなければちょうどいいポイントに当たるよう工夫が必要になることもあるのですが、マリンビーンズの場合はその心配が必要無いのです。

 

また、マリンビーンズのクリバイブの特徴として、カニのハサミの様になっています。
ここにクリトリスを挟むことで、ちょうどいい刺激を得られるのです。
これにより、クリトリスをピンポイントに責めながら同時にGスポットも責めることができます。

 

ただし、マリンビーンズのクリバイブは振動が強すぎるという人もいます。
スイッチを再弱にしても感覚がマヒしてしまうという人もいるので、慣れていない人にはあまり向いていないかもしれません。

 

また、先端部分がとがっている形状なのですが、そのせいで出し入れする際に痛みを感じる人もいるようです。
その原因となるのが潤い不足なので、ローションなども使用して十分に潤った状態で挿入しましょう。

 

マリンビーンズは、税込価格4,598円で販売されています。
初めてバイブを使用して中イキを練習するという方には、ローションなどと合わせて購入されることをおすすめします。

 

まとめ

マリンビーンズは、バイブの中でも特に中イキ練習にオススメのアイテムです。
初心者向けとも言われる人気のバイブで、それほどサイズも大きくなくパステルカラーで可愛らしいのですが、中イキ練習に向いている機能も備えているのです。
また、クリバイブも形状が特殊でかなり使いやすくなっています。
バイブをあまり使ったことないという方や、中イキができるようになりたいという方は一度試してみてください。

happy-house バイブが中イキ練習にオススメな理由

最近、SNS等で話題になっているバイブがあるのはご存知でしょうか?
Amazonで売られているhappy-houseというメーカーのバイブですが、正式名称がないためhappy-houseバイブなどと呼ばれています。
なぜ、このバイブが人気なのでしょうか?
その特徴や良い点、悪い点、価格などを紹介します。

 

happy-houseバイブとは?

happy-houseバイブは、Amazonで売られている正式名称がないバイブです。
SNSなどでは「例のバイブ」と呼ばれていることも多く、Twitterなどの一部界隈では、かなりの話題になっています。

 

特徴として、Gスポットと合わせてUスポットとAスポットの計3か所を同時に刺激できるようになっています。
挿入部分に3つの突起があるデザインで、振動しながら刺激していくのです。

 

バイブレーションモードは10種類あり、好きなパターンを選択できます。
スイッチで切り替えをするのですが、最初に振動の強弱を選んで次に7パターンある振動パターンを選ぶことができるようになっています。

 

素材には、医療用シリコンが使われています。
そのため、安全性が高く加工性も優れているのです。
体内に挿入する物なので、安全性は重要でしょう。

 

サイズは全体が205mmで、挿入部分は135mmです。
また、先端部分の直径は30mmと挿入しやすいサイズです。
USB充電式なので、電池が扶養というのも使いやすい点です。

 

happy-houseバイブの評価と価格

では、happy-houseバイブに対してはどのような評価があるのでしょうか?
良い点と悪い点について、紹介します。
また、価格についても紹介します。

 

まず良い点として、かなり快感は強く初めて潮吹きをしたという人もたくさんいます。
中イキについても初めてという人が多いのですが、そのせいで声を抑えられないという感想も多いのです。

 

また、これ1本でGスポットやポルチオを刺激することができるため、様々な快感に対応しているという点が良いという感想もあります。
ただし、多くの人が感じる問題点として、充電ケーブルの差込口が見つかりにくいという点があります。

 

また、防水性なのですがお風呂で使用したら壊れたという声もあります。
この商品は類似品も多いので、それに騙された人もいるようです。

 

このバイブの価格は、Amazonで1,780円(税込)です。
購入する際は、happy-houseのものかどうかよく確認してください。
形状が同じものも多いのですが、やはり使用感などは異なります。

 

まとめ

正式名称がないため、「例のバイブ」とも呼ばれているhappy-houseバイブは、使用した人の感想がSNSに多数挙げられている話題のバイブです。
形状は若干変わっている部分もあるのですが、類似品も多いので間違えないように注意しましょう。
中イキをしたことがなかったのに、これで初めて中イキしたという人も多いので、中イキ練習にはピッタリでしょう。
是非一度、試しに使用してみてください。

「iroha RIN+(プラス)」が中イキ練習にオススメな理由

女性が中イキできるようになるには、練習が必要です。
その練習にはラブグッズを使うのが効果的ですが、何でもいいというわけではありません。
「iroha RIN+」は、特に中イキ練習に向いていると言われています。
それはなぜなのか、解説します。

 

iroha RIN+とは?

Iroha RIN+というのは、そもそもどういうグッズなのでしょうか?
これはセルフプレジャーアイテムと言われるもので、先端が球状になっています。
一見すると電マのようにも見えますが、実際には膣内に先端部分を挿入して使用するバイブの一種です。

 

これまでのバイブとは違う、新感覚の挿入体験が味わえるアイテムで、挿入した状態で気持ちいいところを探すようにして使用します。
全体はシリコンで覆われていて、先端部分の玉飾りは弾力のある素材となっています。

 

前身となるiroha RINというアイテムもありますが、それと比較して振動の強弱の段階やリズム振動のパターンなどが増え、サイズも伸びてより奥まで届くようになっています。

 

Iroha RIN+の価格は、5,830円(税込)です。
公式サイトでは、専用の潤滑ジェルとのセットも販売されています。
その場合の価格は、6,600円(税込です。)

 

iroha RIN+の良い点と悪い点

Iroha RIN+を使用する上での良い点や悪い点としては、どのような点が挙げられるのでしょうか?
使用した方の感想などから、紹介します。

 

まず良い点として挙げられるのが、先端部分の玉飾りです。
このアイテムの最も特徴的な部分と言えるこれは、ぷにぷにとした感触ですがそこまで柔らかいというわけではなく、しっかりと弾力があるのです。

 

この弾力が絶妙で、挿入時に痛みを感じるような硬さはなく、しっかりと刺激を与えてくれます。
そして、違和感なく挿入できるのです。

 

余り太すぎないという点も、初めて使う人には非常にいい点と言えます。
慣れている人にとってはあまり関係ないかもしれませんが、初めてバイブを使う人や細めのバイブを探している人にはおすすめです。

 

一方、悪い点としては形が真っすぐなため、姿勢によっては挿入し辛いと感じることがある、という点が挙げられます。
そのせいで、中の気持ちいいところを探すのが難しいと感じる人もいるようです。

 

使用する上で、振動パターンを変更したい時にそのボタンが遠い、と感じる人もいるようです。
下の方を持って使用することが多いのですが、ボタンは底にあり操作し辛い、という不満を抱く人もいます。

 

まとめ

Iroha RIN+は中イキの練習にかなりオススメのバイブで、他のバイブとは違う独特な形状が中イキをしやすくしています。
まだ中イキに慣れていないという人や、これから中イキを練習したいという人は子のバイブを使って中イキができるように練習していきましょう。
見た目も可愛らしく、こけしのような形状なのであまり違和感なく所有できるのもメリットといえるでしょう。

SVAKOM Cocoバイブが中イキ練習にオススメな理由

中イキしたことがあるという女性の大半は、最初にバイブを使用して中イキを体験しています。
そのため、中イキを練習するにはバイブを使用するのが一番いいのです。
その中でもおすすめなのが、SVACOM Cocoバイブです。
これは、どのようなバイブなのでしょうか?
特徴や良い点、悪い点、価格などを紹介します。

 

SVACOM Cocoバイブとは?

SVACOM Cocoバイブは、初心者でも使いやすいサイズ感と見た目のオシャレさ、性感度の高さで注目を集めています。
ネット上では、ゴッドフィンガーや8秒バイブとも呼ばれています。

 

このバイブの特徴は、その形状にあります。
指を曲げたような形をしていて、確実にGスポットを刺激できるようになっているのです。

 

Gスポットを刺激しやすい30度の角度で曲がっていることで、Gスポットに届きやすいことからゴッドフィンガーと呼ばれています。
特に探すこともなく、勝手にGスポットに先端が届くのです。

 

また、振動機能も高性能で、1秒間に188回も振動することから潮吹きもしやすいと言われています。
振動パターンは25種類もあるので、自分の好みのパターンを見つけられるでしょう。

 

製造しているメーカーはアメリカの人気ハイエンドブランドなので、外れもないでしょう。
素材にも医療用のシリコンが使われていて、安全性も高いのです。

 

SVACOM Cocoバイブの評価と価格

SVACOM Cocoバイブには、どのような良い点、悪い点があるのでしょうか?
その評価や価格についても紹介します。
まず、振動させなくても十分に気持ちよくなることができ、クリトリスに当てても気持ちいいので色々な使い方ができる、という点が挙げられます。
また、静音設計なので実家暮らしでも使うことができる、という点もメリットでしょう。

 

カップルで使うのにも喜ばれ、エッチをする際に使ったら喜ばれたのでそのままプレゼントした、というカップルもいます。
パッケージもオシャレなので、プレゼントとしても問題ないという点も喜ばれています。

 

悪い点としては、形状が細すぎて女性の親指ほどしかないため、男性経験がある人にとっては物足りないことがある、という点が言われています。
Gスポットには振動だけなので、突いて欲しいという人には向いていないという意見もあります。

 

SVACOM Cocoバイブの価格は、Amazonであれば税込価格で2,999円です。
似ている商品に、SVACOM IRISバイブやSVACOM CICIバイブなどがあるので、混同しないように注意してください。

 

まとめ

SVACOM Cocoバイブは見た目もオシャレで、あまり詳しくない人ならバイブとは分からない人もいるかもしれません。
Gスポットを開発するのには非常に適しているので、中イキ練習にオススメできるバイブです。
これまでバイブを使ったことがないという人でも、小型なので安心して使用できるでしょう。
中イキをしたいのであれば、是非一度試してみてください。

 

ZEMALIA Deliaバイブが中イキ練習にオススメな理由

中イキをしたことがないという人の中には、バイブを使ったことがないという人も少なくありません。
そういった方が中イキ練習をする場合にオススメなのが、ZEMALIA Deliaバイブです。
これは、何故オススメなのでしょうか?
その特徴や良い点、悪い点、気になる価格などを紹介します。

 

ZEMALIA Deliaバイブとは?

ZEMALIA Deliaバイブは、4つのポイントを同時に刺激できるバイブです。
滑らかな凹凸の形状をしていて、長さ200mm、太さはペットボトルのキャップに近い87mmとなっていて、ポイントをしっかりと撫でて刺激するようなフォルムをしています。

 

クリバイブの内側にも膨らみがあり、A、U、G、Cの4つのスポットを同時に刺激することができます。
そのため、中イキできるポイントを簡単に探すことができるのです。

 

バイブレーションは111段変速になっていて、単調なリズムから押し上げるような強い振動、大小の波のようなリズム等を選ぶことができます。
切り替えるのは電源ボタンですが、切り替えの際はボタンが光るのですぐに分かります。

 

また、その下にあるボタンを押すと非常に強い振動に切り替えることも出来ます。
もう少しでイケそうだから強い刺激が欲しい、と言った時に使用することで、絶頂に達しやすくなるでしょう。

 

また、加熱機能もあり温度を38度まで上げることができます。
加熱機能は人によって好みがあるのですが、本当のセックスのような興奮を味わいたい人にはオススメです。

 

ZEMALIA Deliaバイブの評価や価格

ZEMALIA Deliaバイブに対する評価として、良い点や悪い点などがあります。
その内代表的なものを、いくつか紹介します。
また、気になる価格についても紹介します。

 

まず良かった点として、刺激が強く中イキしたことがなかった女性も秒でイってしまったというものがあります。
また、その際は1回ではなく、十数分で何回も繰り返しイってしまったそうです。

 

バイブを使用する際、冷たいのが嫌で暖めてから使用する人も多いのですが、やはり自動で温まるというのは画期的で気に入ったという人も少なくありません。
特に、冬の寒さが厳しい日などはありがたいですね。

 

悪い評価としては、振動が最弱意外だとすべて強すぎて気持ち悪くなってしまう、という人もいます。
振動タイプに慣れていない場合は、注意しましょう。

 

ZEMALIA Deliaバイブは、Amazonで税込価格3,920円です。
充電式なので、乾電池が不要という点も使いやすい点です。
Amazonで6,000件以上のレビューもあるので、参考にしてみてください。

 

まとめ

ZEMALIA Deliaバイブは、形状も凹凸が滑らかで大人しく見えるのですが、実際には中イキしやすいと言われる非常に強力なアイテムです。
クリトリスと膣内を同時に刺激することができるため、外イキをすることでさらに中イキがしやすくなるという点もメリットです。
まだ中イキをしたことがないという人は、練習のために是非使ってみてください。