究極の締まりを手に入れる【膣トレ】の特徴

膣トレというものをご存知でしょうか?
これは、インナーマッスルを鍛えることで膣の締りを良くするというもので、女性にとっては多くのメリットがあるトレーニングです。
膣トレというのはどのようなものか、その特徴について解説します。

 

膣トレとは?

膣トレは、膣トレーニングの略です。
骨盤内にある、直腸や子宮、膀胱などを支えているインナーマッスルである骨盤底筋という部分を鍛える、重要な役割を持つトレーニングです。

 

もし、このインナーマッスルが緩んでしまった場合は、尿漏れ等が起こる可能性もあるのです。
膣トレは、そのようなことにならないように鍛えるトレーニングです。

 

具体的には、膣を引き締めるようにしてトレーニングを行います。
女性には人気のあるトレーニングですが、そのやり方はいくつかあります。
そして、多くの女性が膣トレに取り組むのは、大きなメリットがあるからです。

 

まず、膣トレをすることで尿漏れの防止になります。
尿漏れは、40代以上になると起こりやすくなるものです。
特に、出産経験がある人や肥満気味の体型の人、ストレスが溜まっているという人であれば、年齢に関係なく尿漏れをしやすくなります。

 

膣トレは、膣のゆるみを改善することができます。
また、骨盤がゆがんでいる場合はその歪みを正して本来あるべき位置へと戻す効果もあるので、姿勢を正すことにもつながるというメリットがあります。

 

シェイプアップ効果も、多くの女性が注目するポイントでしょう。
特に、下半身をシェイプアップするのには効果的です。
そして、膣を引き締めため性交渉の際に締まりを良くすることができるというのもメリットです。

 

膣トレのトレーニング方法

膣トレをする場合、そのトレーニング方法にはいくつかの種類があります。
日常的にできる方法もあれば、アイテムを使用するものもあるので、自分にとってはどれがいいかを考えてみましょう。

 

選び方としては、自分が日常の中でやりやすく、続けやすいものを選ぶといいでしょう。
そのため、まずはアイテムを使わずにおこなうトレーニングから始めることをおすすめします。
その例について、紹介します。

 

膣トレは、基本的な姿勢をマスターすれば普段経っている時にいつでもトレーニングできるようになります。
仕事中でも、料理中や電車の移動中でも、トレーニングできるようになるのです。

 

どのような姿勢を取ればいいのかというと、まずは両足のかかとをくっつけるようにしてそのまま足を90度の角度になるよう開いてください。
その状態のまま、足を脱力させて息を吐き出します。

 

息を吐ききったら、今度は息を吸いながら太ももを合わせるようにして上に引き上げるようにします。
5秒以上、その姿勢をキープしましょう。

 

これが基本姿勢なので、まずはこれをマスターすることから始めましょう。
このトレーニングならわざわざそのための時間を取る必要もないので、立っている時は常にこの姿勢になるよう習慣づけておきましょう。

 

トレーニングのための時間がある時は、もっと別の方法を試してみましょう。
筋トレやヨガなどを毎日行っているという人なら、それにプラスして行うようにしてください。
また、寝る前の時間などを使ってもいいでしょう。

 

簡単なやり方としては、まず骨盤底筋に意識を集中させます。
そうしたら息を大きく吸込み、膣を引き上げることをイメージしながら力を入れていきます。

 

その時、お尻や脚、腹筋などには力を入れないように気を付けましょう。
その状態のまま、4秒以上キープしておきます。
慣れてきたら、時間を伸ばして10秒を目安に行ってください。

 

その後、力を少しずつ緩めながら息をゆっくりと吐き出していきます。
それを10〜20回ほど繰り返すのを1セットにして、1日に3セットずつ行っていきましょう。

 

寝る前に、ベッドの上で行える膣トレの方法もあります。
その場合は、まず仰向けになって足を肩幅ほどに開き、両足の膝を軽く曲げてください。
その状態で、お腹にゆっくりと膣や肛門を引き上げていき、その状態で15秒キープします。

 

お腹に力を入れないように気を付けつつ、手で引き上げられていることを確かめながら行いましょう。
15秒経過したら、45秒ほどリラックスしてください。

 

合計1分になるこの動きを、10セットほど繰り返しましょう。
最初はきついと感じることもあるので、その場合は引き揚げてキープする時間を5秒くらいから始めるといいでしょう。

 

本格的に行うのであれば、スイッチトレーニングというものを試してください。
このトレーニングは、骨盤底筋を締める、緩めるという動きを繰り返すものです。
これには、短時間でのやり方と時間をかけるやり方があるので、自由に選びましょう。

 

トレーニングの内容は単純で、骨盤底筋を締めるのと緩めるのを何度か繰り返すというだけです。
短時間の場合は1秒ずつ、長時間の場合は10秒ずつ行います。

 

また、スクワットも膣トレに効果的です。
美尻や美脚になるトレーニングにもなるので、ダイエットにもおすすめです。
普段から、スクワットをしているという人も多いでしょう。
その場合は、スクワットの際に膣トレも意識しながらやってみてください。

 

膣トレのスクワットのやり方は、足を肩幅に開いた状態で腹筋と骨盤底筋に力を入れ、背中を丸めないように気を付けながらゆっくりと腰を落とし、スクワットをしていきます。
それを、決まった回数繰り返すようにしていけばいいのです。

 

アイテムを使って筋トレをしよう

膣トレには、専用のアイテムもあります。
本格的に行うのであれば、アイテムを活用して行いましょう。
人気のあるアイテムはどのようなものか、紹介します。

 

特に人気があるのが、「膣トレはじめてセット」というアイテムです。
これは、LCインナーボールとLCジャムウ・デリケートパックがセットになっているものです。

 

LCインナーボールは、鉄アレイのような形状のもので、これを膣内に入れてキープすることで膣トレを行います。
素材はエラストマー素材を使用しているので、安心です。

 

セットのLCジャムウ・デリケートパックは、膣に行うパックです。
デリケートな部分に塗り込んで3分間パックをすることで、おりものなどの気になるにおいを洗い流して引き締めをサポートする効果があります。

 

このアイテムを使うことで、自宅でも気軽に膣トレができるのです。
インナーボールのサイズはバイブと同程度なので、挿入し辛いということもないでしょう。
挿入する際は、あらかじめローションを塗るか潤わせた状態で行ってください。

 

膣トレグッズは、この他にも様々なものがあります。
人によって、向いているグッズは異なるでしょう。
また、膣トレに慣れている人向けのアイテムもあります。

 

どのアイテムが自分に合っているかは、それぞれ異なります。
まずは、気になったアイテムをいろいろと試してみてください。
そこから、形状や負荷などの違いで自分に合うものを見つけていきましょう。

 

まとめ

膣トレは、締まりを良くしたい場合におすすめの方法です。
身構えてしまう人もいますが、簡単にできる方法もあるのでまずはアイテムを使わず試してみるといいでしょう。
セックスの際に締まりが良くなるということ以外にも色々なメリットがあるので、是非一度取り組んでみてください。
慣れてきたら、アイテムを使うこともおすすめします。

 

お問い合わせ

お問い合わせはTwitterよりお願い致します。
https://twitter.com/Jun35wy