中イキのコツとおすすめの体位とは?

中イキのコツとおすすめの体位

 

女性が膣内への刺激によってオーガズムに達する中イキは、体験したことがない人も少なくありません。
それは、中イキにはコツがあり、また体位によっても異なるからです。

 

まず、中イキをするには、性感帯であるGスポットやポルチオにペニスが当たる状態であることが大切です。
特にポルチオは敏感なので重要ですが、奥にあるためなかなか届かないこともあります。
しかし、クリトリスへの刺激でオーガズムに達するクリイキの後であれば子宮が下がり、ポルチオも近づくことがあるため、まずはクリイキをしてから挿入することも大切です。

 

また、女性は足がピンと伸びている状態であれば膣が閉まりやすくなり、オーガズムにも達しやすいと言われているため、足の伸び具合も重要です。
両手を使えるようにしておき、挿入している状態でクリトリスも刺激することも大切です。

 

中イキしやすい体位としては、まず女性の足を閉じた状態で後ろから挿入する、閉脚バックという体位がおすすめです。
バックでの挿入であれば、ポルチオにも届きやすくなるのです。

 

また、足を延ばした状態で挿入する寝バックという体位も中イキしやすいと言われています。
立ちバックや松葉崩しなどの体位も、深く挿入できるため中イキすることが多くなります。
騎乗位や対面座位は、女性が位置を調整しやすいというメリットがあります。

 

背面側位でGスポットをこするように刺激する

中イキのコツとおすすめの体位

 

体位によって、セックスの際に中イキしやすいかどうかが変わってきます。
中イキしやすいお勧めの体位の一つには背面側位があり、この体位ではGスポットをこするようにして刺激できます。

 

背面側位は、女性が横向きになって横たわった状態で男性に背を向け、男性はその情勢に自分の体を密着させます。そして女性が上になっている方の膝を曲げて軽く持ち上げ、男性はその状態で下から突き上げるようにして挿入します。
その後、腰や足を支えながらピストン運動を開始するので菅、その際は激しく動かずに突き上げるようにして動かします。

 

背面側位のメリットとして、激しくピストンするのが難しいためスローセックスを楽しむことができる、という点があります。
たとえ男性が早漏であっても、比較的長くセックスを続けることが可能です。

 

また、2人とも横になった状態で行うので、どちらかが激しく動くということもなく体に負担がかからない体位で、疲れにくいというのもメリットです。
女性も、無理をして足を広げる必要がないため身体が硬い人でもやりやすいでしょう。

 

上半身迄密着するため、密着度が高いセックスを味わうことができるのもメリットです。
何より、浅い角度での挿入となるため、Gスポットが刺激されやすいのです。
ゆっくりと刺激されるため、Gスポットを開発したい時にもおすすめです。

 

寝バックはポルチオに届きやすい体位

中イキのコツとおすすめの体位

 

中イキをするには、Gスポットやポルチオへの刺激が重要です。
中イキしやすい体位はいくつかありますが、その中でも寝バックは膣の奥にあるポルチオまでペニスが届きやすい体位です。

 

寝バックというのは、女性がうつ伏せになった状態で横になり、男性がその上から覆いかぶさるようにして挿入する体位です。
その際、女性は30〜45度の角度で足を開き少しおしりを浮かせ、肘をついて上体を軽く起こしていると体重が分散されて安定するでしょう。
男性はその上に覆いかぶさり、体を挟むことができるよう足を開いて膝をつきます。

 

両手は、女性の肘の外側においてください。
下半身はほぼ密着していて、上半身は若干離れている状態になるのが理想的です。
その状態になったら挿入するだけなのですが、女性の下腹部は下にくっついた状態なので慣れていないと挿入が難しいと感じることもあるでしょう。
その場合、女性のお腹の下にクッションなどを置くと挿入しやすくなります。
この状態であれば、挿入する角度が膣の奥まで届きやすい角度になるのです。
そのため、ポルチオを刺激しやすいのです。

 

挿入した後、激しくピストンするとポルチオに痛みが生じることもあるので注意してください。

 

 

騎乗位なら女性が快感をコントロールできる

中イキのコツとおすすめの体位

 

セックスで中イキをするには、体位も重要です。
中イキしやすい体位はいくつかあるのですが、その中で騎乗位は女性が主導で動く体位なので、快感を女性側がコントロールすることが可能です。

 

騎乗位は、女性が男性の下腹部に座り込むようにして挿入し動く体位です。
女性が動かなくてはならないため、恥ずかしい、もしくは疲れるといった理由からあまり好きではないという女性もいるのですが、それは騎乗位で動くコツをあまり知らないせいかもしれません。
どう動けばいいのかを知らなければ、とりあえず前後に動かしてみて終わることが多いのです。
どちらかといえば男性へのサービスと思われがちですが、実は女性側が自分の感じる快感をコントロールできるというメリットがあるのです。

 

まず、騎乗位であれば女性が上になることで、奥までペニスが入りポルチオにも届きやすくなるのです。
そこを自分のペースで刺激できるというのが、騎乗位のメリットです。
また、そこまで届かないとしても挿入角度や位置などを自分の性感帯に合わせることができるため、快感を得やすくなるでしょう。

 

それに加えて、自分で動くことでシェイプアップ効果もあり、カロリーの消費やウエスト、太もも、おしりの引き締めにもなります。

 

体位以上に大切な中イキするためのコツとは?

中イキのコツとおすすめの体位

 

中イキは、体位だけを変えればできるというわけではありません。
セックス中は、体位よりも大切なコツもあるのです。

 

まず、中イキのためには前戯をしっかりとしましょう。女性の体をリラックスさせなくては中イキができないのですが、そのためにはまず膣内を十分に潤す必要があります。
そのため、前戯には十分な時間をかけるようにしましょう。
いきなり手マンやクンニをしたところで気持ちよくなることはありません。
まず、太ももの付け根をマッサージするように愛撫していくと、緊張も解けてきます。
そうしたら、指を膣の入り口に軽く当てて愛撫をしていき、クリトリスなどもなぞっていきます。
そうして、十分に潤ってから膣内に挿入してください。

 

中イキは主に、Gスポットやポルチオへの刺激によってなるものです。
しかし、どちらも開発をしなければ中イキはできないため、まずはしっかりと快感を得られるよう開発することも必要です。

 

また、挿入時にピストン運動をすると恥骨がくっついたり離れたりすることがありますが、中イキのためには恥骨同士をくっつけて離さないようにしましょう。
ピストンも、速度や間隔、角度を変えるなどの工夫が必要です。

 

中イキのコツとおすすめの体位