中イキ開発をしてもらう際のポイントと注意点

女性がセックスで膣内の開発をしてもらう際のポイント

 

女性が自分で性感帯を刺激するのとは違い、セックスの際に膣内を開発してもらうというのは難易度が高いように思えます。
膣内を開発してもらうには、いくつかのポイントがあるのです。

 

まず、体位は女性が自分で動くことの出来る騎乗位や対面座位などから始めましょう。
そうすると、自分が気持ちいい場所に当たるよう自主的に動くことができます。
そして、男性はその反応を見て、どこに当たると気持ちいいのかということを知ることができます。
そうして、自分が感じる場所を男性に教えることで、今後は男性がそこを責めてくれるようになるでしょう。

 

また、いきなり男性に開発してもらっても気持ちよくなれないことがあります。
男性は開発している間、実感としてどんな感覚なのかを知ることができないからです。
そのため、男性にばかり任せるのではなく、自分でも開発していくようにしましょう。

 

男性のピストンのやり方によっても違いがあり、恥骨が密着した状態でのピストンが最も気持ちよくなることができ、離れたりくっついたりしていると気持ちよくなりにくいと言われています。
そのため、恥骨同士を密着させた状態で離れないよう、自分から固定することも大切です。

 

中イキするのに大切なリラックスできるムード作りについて

女性が中イキするには、いくつかの条件があります。
それは性感帯を開発することなども重要なのですが、リラックスできるムードを作ることも大切なのです。

 

ムード作りには、4つの物理的なポイントがあります。
それは、場所と明るさ、音、香りです。
場所は、緊張感がない場所であれば問題ありません。
自室やラブホテルなどが一般的でしょう。
ラブホテルなら照明を調節できるところが多いのですが、自室の場合は自分で調整する必要があるでしょう。
あまり明るい状態ではリラックスしづらいため、薄暗い照明にしてください。

 

音は、あまりないほうがいいでしょう。
リラックスする音楽などをかけてもいいのですが、少なくともテレビの音がついているとそちらに意識が割かれてしまう可能性が高いので、やめておきましょう。
ラブホテルでAVを流すという人もいますが、それも気になるため消すことをおすすめします。

 

香りについては、エッチな気分にする香りなどもありますが、基本的には好きな香りが一番でしょう。
普段つけている香水などを枕に吹きかけるだけで、落ち着くようになります。
テクニックも重要ですが、まずはこういったムード作りをしてリラックスすることから始めましょう。

 

中イキするのに大切な身体をあたためる

 

中イキは、体験したことがないという女性も少なくありません。
中イキをするためにはいくつかのコツがあるため、そのコツを知っていなければなかなかできないものなのです。そのうちの1つに、体を温めるというものがあります。
これは、どのような理由があるのでしょうか?

 

女性には冷え性の方が多いのですが、体が冷えていると感覚は鈍くなってしまいます。
中イキは、性感帯への刺激でオーガズムに達するのですが、感覚が鈍くなると当然刺激に対する反応も鈍くなってしまいます。
また、愛撫をした際の反応も鈍くなるため、アソコも濡れにくくなってしまいます。
そうなると、膣内へと指やペニスを挿入する際も気持ちよさより痛みのほうが勝ってしまい、なかなか中イキができなくなるのです。

 

体が冷えている状態では体が硬直するため、リラックスできないというのも理由の1つです。
リラックスした状態でなければ、刺激に対して抵抗を感じやすく、素直に気持ちよくなれないのです。
そういった理由からも、体は温めておいたほうがいいのです。

 

体を温めるには、お風呂にゆっくりとつかるといいでしょう。
その際、熱いお湯だとゆっくりつかることができないため、適温のお湯に入るようにしましょう。

 

中イキするのに大切なリラックスできるムード作りについて

女性が中イキするには、いくつかの条件があります。
それは性感帯を開発することなども重要なのですが、リラックスできるムードを作ることも大切なのです。

 

ムード作りには、4つの物理的なポイントがあります。
それは、場所と明るさ、音、香りです。
場所は、緊張感がない場所であれば問題ありません。
自室やラブホテルなどが一般的でしょう。
ラブホテルなら照明を調節できるところが多いのですが、自室の場合は自分で調整する必要があるでしょう。
あまり明るい状態ではリラックスしづらいため、薄暗い照明にしてください。

 

音は、あまりないほうがいいでしょう。
リラックスする音楽などをかけてもいいのですが、少なくともテレビの音がついているとそちらに意識が割かれてしまう可能性が高いので、やめておきましょう。
ラブホテルでAVを流すという人もいますが、それも気になるため消すことをおすすめします。

 

香りについては、エッチな気分にする香りなどもありますが、基本的には好きな香りが一番でしょう。
普段つけている香水などを枕に吹きかけるだけで、落ち着くようになります。
テクニックも重要ですが、まずはこういったムード作りをしてリラックスすることから始めましょう。

 

女性が感じる中イキとクリトリスでのオーガズムの違いは?

女性がオーガズムに達する際は、膣内への刺激による中イキとクリトリスへの刺激による外イキとがあります。この2つはどちらもオーガズムですが、女性の感覚としては、どのような違いがあるのでしょうか?
結論から言うと、女性としては中イキのほうがいいという意見が多いのです。その理由として、中イキは満足度が高く、より幸福に感じると言われていることが考えられます。また、中イキの場合はプロラクチンというホルモンの分泌量も多くなります。
ただし、中イキはいきなり感じるのが難しいと言われています。中イキをするためには、まずクリトリスを刺激することで得られる外イキのオーガズムを感じる必要があります。また、膣内で刺激を受ける場所としてはGスポットやポルチオなどがありますが、どちらもオーガズムに達するためには開発が必要です。そのせいで、中イキをしたことがないという女性も少なくないのです。中イキをしたことがないから双方の比較ができないという女性は、まず段階的に快感を覚え、慣れていくところから始めましょう。何度も繰り返していくことで、徐々に快感が強くなっていき、いずれ中イキもできるようになります。焦らずに、一歩ずつ進めていくようにしましょう。

 

Gスポットと、ポルチオでのミックスが中イキしやすい!

中イキ開発をしてもらう際のポイントと注意点|中イキしやすくする方法

 

女性の中イキには、Gスポットとポルチオへの刺激が重要です。
しかし、この2つは必ずしもどちらかに限って刺激しなくてはならない、ということはありません。
実は、2つへの刺激をミックスすることで、より中イキしやすくなるのです。

 

同じ中イキでも、Gスポットとポルチオでは感じ方が異なります。
Gスポットの場合は身体が浮き上がるような快感や、おしっこが出そうな感じがすると言われています。
それに対して、ポルチオではより深く、より長い快感が続くと言われているのです。

 

では、同じ刺激を受け続けるのと、異なる刺激をランダムに受けていくのでは、どちらがより感じやすいでしょうか?
同じ刺激ばかりでは、如何に気持ちよかったとしてもやがては慣れが生じます。
体の感覚が変わらなくても、それを受けとる脳が慣れてしまうのです。
そうなると、オーガズムに達するまでに時間がかかるでしょう。
しかし、異なる快感をミックスして受ける場合は、脳が新たな刺激として認識します。
そうなると快感も強くなり、よりオーガズムへと達しやすくなるのです。

 

単調な動きばかりではなく、動きをランダムにして刺激していくことで刺激が強くなるため、ミックスすることで中イキしやすくなります。

 

ポルチオへの刺激はセックスの最後の方に

中イキ開発をしてもらう際のポイントと注意点|中イキしやすくする方法

 

膣内で特に感じる場所としては、Gスポットとポルチオがあります。
この2つが中イキの重要なポイントとなるのですが、特にオーガズムを感じるためには1つ重要なポイントがあります。
それは、ポルチオへの刺激をセックスの最後にすることです。

 

Gスポットとポルチオでは、同じオーガズムでも感じ方が異なります。
そのため、まずはGスポットを刺激して十分な快感を得た上で、最後にポルチオを刺激してオーガズムに達するようにすると、特に気持ちよくなれるのです。

 

ポルチオは特に敏感な部分です。
敏感な部分というのは、同時に痛みを感じやすいところでもあるのです。
そのため、最初からポルチオに刺激を与え過ぎた場合、最初は良くても徐々に痛みが生じることがあるのです。
特に、ポルチオの開発が不十分だと、痛みが生じるタイミングは早くなってしまいます。
痛みがあると、快感の波はあっという間に引いてしまいます。
そうなると、お互いに冷めてしまうでしょう。

 

特に快感が強くなるような中イキをするためには、必ずポルチオへの刺激を最後にして、それ以外のところを重点的に刺激するようにしましょう。

 

ポルチオは必殺技の様に、最後の1撃として刺激するのがおすすめです。

 

 

お問い合わせ

お問い合わせはTwitterよりお願い致します。
https://twitter.com/Jun35wy