出会い系アプリ「Jメール」にはどんな特徴がある?

出会い系アプリ「Jメール」にはどんな特徴がある?

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

運営開始から22年会員数は800万人Jメール

 

出会い系アプリは数多くあるのですが、その中でも人気のアプリが「Jメール」です。
このアプリは古くからサービスを開始している老舗で、他のアプリとは違った特徴も数多く備えています。
どのような特徴が、人気の理由なのでしょうか?
Jメールの特徴には、どのようなものがあるのかを解説します。

 

Jメールの特徴

出会い系アプリ「Jメール」にはどんな特徴がある?

 

Jメールは、有限会社エムアイシー総合企画というIT情報サービス業や広告デザイン企画などの事業を行う会社が運営している、出会い系アプリです。
会社の設立は1997年で、Jメールの運営は2000年から開始されています。

 

出会い系アプリの運営会社としては珍しく、本社が福岡市にあります。
また、支店は北九州や大分、熊本と九州地方に展開しています。
しかし、サービス内容は九州限定というわけではなく、全国のユーザー向けとなっています。

 

現在、運営開始から22年が経過しましたが、会員数は800万人まで増えています。
九州や関東では、宣伝のアドトラックが走っていたり巨大看板広告が掲示されていたりするので、見たことがある人も多いでしょう。

 

料金形態は、女性が完全無料、男性は従量課金制となっています。
男性も登録だけなら無料ですが、メッセージの投稿や掲示板の閲覧、メッセージを送る場合などはポイントを消費することになります。

 

ポイントは基本的に1ポイント10円で、3,000円以上まとめて購入した場合はボーナスポイントがもらえます。
また、男性の登録時は無料ポイントが100ポイント付与されます。

 

コミュニティや趣味を通じて人が集まり、ユーザー同士で盛り上がることができるのも特徴です。
そこから考え方が合う相手を見つけて、出会いへとつながるパターンもあります。

 

また、日記の機能も充実していて、そのコメントを通じて交流していくユーザーもいます。
単純な出会い系とは違い、昔ながらのSNSのような楽しみ方も可能なため、20代から30代の若い男女を中心として人気があるのです。

 

また、検索機能が充実しているのも特徴です。
都道府県や性別、年齢など様々な条件を指定して、自分が希望する相手を探すことができます。

 

恋人探しにも向いているのですが、それ以外にも飲み友達や気軽な出会いを求めている人、つなぎの相手を探したい人などにも向いています。
登録も簡単にできるので、試しに使ってみたい人にもぴったりです。

 

Jメールの良い評判は?

出会い系アプリ「Jメール」にはどんな特徴がある?

 

実際にJメールを利用した人は、どのような評価をしているのでしょうか?
実際の利用者の声の中から、良い評判を抜粋して紹介します。
生の声なので、信用できるでしょう。

 

まず、男性側からは出会える女性に可愛い女の子が多い、という声があります。
他の出会い系アプリを利用している人が、他よりもJメールで出会った女性はレベルが高い、と感じています。

 

また、複数人の女性と出会うことができ、関係を持ったという男性も少なくありません。
こういった男性は、かなり長い間Jメールを利用しているベテランユーザーであることも多いのですが、そういった人も安心して出会える、と感じているようです。

 

Jメールは22年も運営を継続しているのですが、それは特に問題が起こっていないということです。
健全でクリーンなサービスを提供してきたからこそ、長く続けることができたのです。

 

アプリだけではなく、Web版があるのが便利という声もあります。
どちらも同じアカウントで利用できるのですが、Web版の方が少しポイントの料金設定が安くなっているのです。

 

また、アプリ版では制限されて閲覧できない掲示板などもあるのですが、Web版ではすべての掲示板を見ることができます。
そのため、Web版が利用できる場合はそちらをメインにした方がいいこともあるのです。

 

女性側の良い評判としては、まず男性会員が多いので好みの相手をじっくりと探すことができる、という声があります。
女性会員よりも圧倒的に男性会員の方が多いので、焦って相手を探す必要はないのです。

 

また、女性側は男性とのメッセージのやり取りを無料で出来るのですが、そのやり取りをする際はポイントが付与されます。
そして、そのポイントが貯まると現金に交換することができるのです。

 

こういったキャッシュバック行為は、それほど儲かるわけではありません。
メールを送信した時に2円分、返信を受け取った時に5円分なので、往復で7円分を受け取ることができるのですが、100往復で700円なので単なるおまけ程度です。

 

それでも、ちょっとした空き時間の内職の様に、メッセージをやり取りしておけば多少は貯まります。
損をする訳ではないので、おまけ程度に考えておきましょう。

 

また、男女問わずの良い評判として、九州地方での出会いに向いているというのもあります。
Jメールは運営会社が九州にあるため、その地方での宣伝がしっかりとされているのです。

 

出会い系アプリは、会員数にもよりますが多くのユーザーが都内やその近郊に偏っているので、地方在住の人はなかなか出会えないこともあります。
しかし、九州地方に限定されているとはいえ地方でも多くの出会いがあるというのは、喜ばしいことでしょう。

 

Jメールを利用している人からは、このような良い評判が多数あります。
自分が考える条件とその評判が合致しているという場合は、Jメールを利用することも検討してみましょう。

 

Jメールの悪い評判は?

出会い系アプリ「Jメール」にはどんな特徴がある?

 

一方、Jメールの利用者からは悪い評判も出てきます。
利用していて、あまり気に食わなかった点や改善して欲しい点などが挙げられますが、具体的にはどのような内容でしょうか?

 

男性会員からの悪い評判の声として多いのが、キャッシュバッカ―についてです。
女性会員は、男性会員とのメッセージのやり取りをすることでポイントをもらえるのですが、そのポイントは現金にも交換できるのです。

 

そのため、女性会員の中にはポイントが目当てで男性会員とメッセージのやり取りをしている人もいるのです。
そういった人とやり取りをしていても、男性はポイントを浪費するだけとなるでしょう。

 

とはいえ、実際にはそれほど多くのキャッシュバッカ―はいません。
何故なら、メッセージ往復分で7円分と金額がかなり低いため、よほど短時間でメールを送り続けなければそれほど儲かるものではないからです。

 

業者が多い、という声もあります。
業者の場合、他の有料サイトや投資の勧誘をしてくるため、そういった誘いに乗らないようにさえすれば問題はないでしょう。

 

また、本当に相手を探している場合はサイト内でのメッセージは少数にして、あとはLINEやカカオなどで話をしようと言えば応じてくれることが多いのですが、キャッシュバッカ―や業者の場合はそういった誘いには応じてくれないことが多いのです。
それだけでも、ある程度は見分けられるでしょう。

 

女性会員からは、男性の会員数が多すぎるせいで体目的の変な人も混じっている、という声があります。
単にやれる相手を探しているだけという男性もいるので、それを望んでいない女性には迷惑に感じられるでしょう。
相手が何を狙っているのかを良く見極めて、話をするかどうかを決めてください。

 

まとめ

出会い系アプリの中でも老舗のJメールでは、真剣な出会いから飲み友達屋遊び相手などを探す男女が多数います。
自分が相手を募集する際は、自分の希望と相手の希望がマッチしていなければいけません。
相手の希望を見極めて、出会いに向けて話をしていきましょう。
Jメールは、出会い系アプリの中でも気軽に利用できるものです。
どのアプリを使うかを悩んで切るという人は、Jメールを検討してみください

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

運営開始から22年会員数は800万人Jメール

 

ミントC!Jメール