デート倶楽部とは

デート倶楽部とは

 

お金持ちの男性との出会いを求めている人におすすめなのが、デート倶楽部です。
出会い系サイトなどの利用は安全性が不安、という人でも、デート倶楽部なら安心して利用できるでしょう。
また、デート倶楽部は愛人を探すのに向いているので、お金を稼ぎたいという女性はぜひ利用しましょう。
デートクラブについて、解説します。

 

デート倶楽部とは?

デート倶楽部とは

 

デート倶楽部という名前は、あまり聞いたことがないという人も多いでしょう。
簡単に言えば、男女が出会えるようセッティングするサービスです。
出会い系では?と思う人もいるかもしれませんが、それとは違いがあるのです。

 

どう違うのかというと、男性と女性が出会いを求めて登録するのは同じでも、それぞれが勝手に会員を探してアプローチできるわけではありません。
デート倶楽部は、紹介によって出会うというのが一番の特徴です。

 

まず、男女ともデート倶楽部に入会する際は面接が行われます。
そのため、登録している人は素性が明らかな人ばかりです。
万が一犯罪が起こったとしても、すぐに身元が分かります。

 

利用料金は、女性会員は無料です。
男性会員は、入会金や年会費の他、セッティング費用も支払うことになります。
この料金は、会員ランクで異なります。

 

女性側も、容姿や年齢、教養など様々な要素を面接の際に確認され、ランク分けされます。
高ランクの女性は、高ランクの男性にしか紹介されないのです。

 

面接で確認されるのは、氏名や住所、電話番号などの連絡先や、仕事、年収、希望する相手との関係などです。
面接の際は、そのデート倶楽部の店舗や支社に行かなくてはいけません。

 

デートクラブに登録している女性は様々で、職業でいうと最も多いのが大学生です。
そのほか、看護師やOL、美容関係、風俗関係、モデル・女優などもいます。
年代でいうと20代が最も多く、次いで30代、10代、40代以上となっています。

 

女性がデートクラブに登録する場合、18歳以上であれば基本的に年齢制限はありません。
男性の好みは、若い女性ばかりとは限らないからです。

 

そして、容姿もランク付けの参考にはされますが、登録自体はどのような方も可能です。
容姿が優れている女性のほうが、より条件の良い男性に紹介されるというだけです。
しかし、面接の際の態度があまり悪いと落とされる可能性はあります。

 

男性の場合、職業ではIT系が最も多く、次いで金融系、医師、外資系と続きます。
職種でいうと、会社代表が最も多く次いで会社役員、開業医や士業となっています。
会社員で登録できるのは、ごくわずかな高給取りだけでしょう。

 

年代では、最も多いのが40代です。
次いで30代、50代、20代と続きます。
60代の男性も、割合は少ないのですがいます。

 

そして、独身男性に限らず既婚者も登録しています。
既婚者の割合は、3人に1人くらいとかなり多いのです。
そういった人が探しているのが、愛人です。

 

しかし、必ずしも愛人を探している人ばかりではありません。
利用している女性のほとんどは、お金持ちのパパ化愛人を探しているのですが、どのような相手を求めているのかを選ぶことができるデート倶楽部もあります。

 

その場合、食事だけということから交際も考えている、初回から交際希望、真剣交際希望や結婚希望などの項目から選ぶことができるようになっています。
最も多いのは、交際の可能性があるという項目で登録している女性です。

 

しかし、デート倶楽部では相手を紹介するだけで、それ以降は自由恋愛です。
相手が気に入らない場合は断ることもできるので、この項目はそれほどこだわる必要がありません。
多くの指名が欲しい場合は、大人の関係もOKとしておいたほうがいいでしょう。

 

デート倶楽部の入会金や年会費は高額なので、登録しているほとんどの男性は年収1000万円を超えています。
しかし、年収1000万円未満の男性も登録できないというわけではなく、実際に1〜2割ほどはいます。

 

愛人の相場の金額

デート倶楽部とは

 

デート倶楽部を利用して愛人契約を結ぶ人もいますが、その場合どのくらいのお金をもらえるのでしょうか?
愛人となった場合の金額の相場について、解説します。

 

愛人契約といえば、毎月固定金額を支払い、いつでも会いに行くことができて成功も可能、というように考えている人も多いでしょう。
しかし、実際には様々な形があるのです。

 

まず、月額で支払われるのではなく、会うごとに支払うという形もあります。
1回会うごとになん万円か支払われるという形で、その内容によってもらえるお手当ても異なります。

 

例えば、一緒に食事をするのであれば1回につき1万円から3万円ほどが相場です。
デートをするのなら、2万円から5万円ほどが相場となり、さらにショッピングデートならプレゼントももらえることがあるでしょう。

 

性行為ありで会う場合は、1回につき3万円から高ければ10万円以上もらえることもあります。
その内容や、会う回数などは男性側の自由ですが、性行為はお互いに話しあって決めることとなるでしょう。

 

会うたびにお手当てを支払うというのは、パパ活とあまり違いはありません。
違いは、常に決まった男性と会う、ということだけでしょう。
専属契約というわけでもないので、複数の男性の愛人となる人もいます。

 

毎月決まった額を支払うのであれば、月何回まで会うか、あるいは男性側が自由に決められるかといった契約になります。
また、性行為の有無でその金額は異なります。

 

性行為無しでの契約であれば、最低で月5万円ほど、高くてもつき15万円ほどが相場です。
会う回数が多いほど、高額な金額での契約となることが多いでしょう。

 

性行為もありの場合は、月10万円から高ければ50万円以上が相場となります。
結局のところは、お互いに納得することができればそれでいいのですが、一般的にはこのくらいの金額が相場となっています。

 

ちなみに、これは大都市の場合の相場です。
地方であれば、お金持ちの男性も少なくなるため相場も2〜3割ほど低くなるでしょう。
男性側の経済力と、女性側の魅力で金額は変わってきます。

 

お金持ちを虜にすることに成功した場合は、毎月100万円以上もらえることもあるのです。
その他に、誕生日やお祝い事にはプレゼントがもらえるというのも一般的です。

 

愛人契約では、通常会うたびに支払うという関係から始めて、信頼関係が構築されたら月額での契約にするというのが一般的です。
経営者の場合、経費で落としたいという理由から月契約を希望することも多いのですが、女性側としてはお手当てをもらい損ねるのを避けるために毎回もらうほうが安心できるでしょう。

 

人気の愛人サイト

デート倶楽部とは

 

愛人になりたい、もしくは愛人を見つけたいという場合は、どのようなサイトを利用すればいいのでしょうか?
愛人サイトで、人気があるものを紹介します。

 

『PCMAX』は、1700万人以上の会員数を誇る国内最大級の出会い系サイトです。
人数が多いので、より多くの出会いに期待ができます。
そのため、愛人探しにもよく使われているのです。

 

地方に住んでいると、相手を探すのは難しくなります。
しかし、PCMAXのように会員数が多いサイトであれば、どの地域でも一定数の会員がいるのです。
そのため、相手を見つけやすいでしょう。

 

『ワクワクメール』は、2001年からサービスを開始している老舗の出会い系サイトで、会員数は1000万人を超えています。
電話番号によって認証されているので、1つの電話番号につき1回しか登録できないようになっており、悪質ユーザーの再登録を防ぎます。

 

日記やつぶやきといった機能もあり、プロフィールでは伝えきれない魅力も伝えることができます。
愛人を探すには、ぴったりでしょう。

 

『Jメール』は、2000年にサービスを開始している老舗の出会い系サイトです。
出会い系サイトには珍しく、福岡市に本社があります。
そのため、九州と関東での出会いが特に多いのですが、会員数も800万人を突破していてそれ以外の地域でも多くの人が利用しています。

 

コミュニティなどの機能が充実しているので、趣味や考え方が合う相手を見つけることができます。
検索機能も充実しているので、自分が望む相手を見つけやすいでしょう。

 

 

『ハッピーメール』は、累計会員数が3000万人以上にもなる国内最大級の出会い系サイトです。
本社は福岡にあるものの、九州に限らず全国に多くの会員がいます。
全国で多くの広告を出しているので、見たことがある人は多いでしょう。

 

目的に応じて相手を検索することができ、メッセージ交換はマッチングなしで始められます。
募集の際はピュアとアダルトで分かれていて、自分が望む関係での募集がしやすいでしょう。

 

『イククル』は、2000年にサービスを開始して現在1500万人以上の会員がいる出会い系サイトです。
掲示板が目的別に多数設置されているので、相手を募集しやすいのが特徴です。

 

こういったサイトでは、男性側が愛人を探そうと思ったときにサクラやキックバッカーなどに引っかかりやすいというのがデメリットなのですが、イククルはそういった女性がほとんどいないと言われているため、探しやすいでしょう。

 

『YYC』は、ソーシャルネットワークサービスに強い出会い系サイトです。
毎日4000人以上が新規登録をしている、人の流れがいいサイトなので、常に新しい出会いがあるでしょう。

 

女性会員は顔写真をプロフィールに掲載しているので、安心して愛人契約の交渉ができます。
身分証明書で年齢確認を行っているので、なりすましなどは難しいというのも安心できるポイントでしょう。

 

『ラブサーチ』は、他の出会い系サイトと比べて利用者の年齢層が高いというのが特徴です。
20代が中心になって利用しているところが多い中、ラブサーチは30代以上の男女が多いのです。

 

このサイトでは、じっくりと相手のことを知ってから直接会う、という人が多いので、愛人契約をして長く付き合える相手かを見極めることにも役立ちます。
男性の月額料金が定額制なので、サクラなどがいないというのも高評価です。

 

愛人探しには、このようなサイトが人気です。
自分が長く付き合っていけるような愛人を見つけるには、焦らず相手のことを見極めるようにするのが大切です。

 

まとめ

デート倶楽部では、愛人を探す男性が多数います。
そして、既婚者でも問題なく登録できるのが特徴です。
愛人になって、お手当てをもらいたいという女性は、デート倶楽部に登録するのが一番です。
しかし、愛人探しは通常の出会い系サイトでも行われているので、紹介ではなく自分で探したいのであればそういったところがおすすめです。