パパ活とは

パパ活とは

 

近年、パパ活をする女性はかなり増えています。
しかし、誰もがパパ活を知っているとは限りません。
中には、知らない人や名前は分かるけれど内容は知らないという人もいるでしょう。
パパ活というのは、どういったものでしょうか?
その内容について、解説します。

 

パパ活とは?

パパ活とは

 

最近、パパ活という言葉がよく聞こえるようになっています。
しかし、この言葉自体はつい最近できたものではないというのはご存知でしょうか?
2017年には「パパ活」というドラマが放送されていたので、それ以前からある言葉なのです。

 

また、パパ活という言葉を聞いた人の中には、援助交際を言い換えたものだと思っている人もいます。
しかし、実際には援助交際との違いも多いのです。

 

援助交際には、2つの側面があります。
1つは、ほとんどの人がイメージする性行為を行うもの、私的売春と言われるものです。
そしてもう1つが、デートなどの性行為を伴わないものです。

 

元々、援助交際はどちらの意味でも使われていましたが、性行為を伴う関係が多くその点が報道でも取り上げられることが多かったため、私的売春の意味合いがほとんどとなっています。
そこで登場したのが、パパ活です。

 

パパ活は、女性が裕福な男性とお茶や食事、デートなどをする代わりに男性からお手当として金銭を受け取ることをいいます。
援助交際でも男性側をパパと呼ぶ事は多かったのですが、同じく援助してもらうということで男性をパパと呼びます。

 

主に若い女性が行うもので、主に20代の女性と40代以上の男性との関係となるため、父と娘ほどの年齢差があることからパパ活と呼ばれています。
男性側が若く、20〜30代の場合は兄活と呼ばれることもあります。

 

援助交際との違いは、長期的な援助が前提であり必ずしも性行為を伴わないという点があります。
基本的には同じパパと定期的に会うこととなり、複数のパパを持つ女性もいます。

 

SNSを見ると、ハッシュタグでパパ活、P活、パパ活女子などを付けている人は大勢います。
そして、それに対する返信も多数投稿されているのが分かります。

 

援助交際とは違い、パパ活の内容は明らかにする人も多く、パパからもらったプレゼントの写真などを投稿している人もいます。
そして、パパとなった男性が親切であることやお小遣いをかなりもらえる、ということも包み隠さずに投稿しているのです。

 

パパ活を行う女性には、いくつかの理由があります。
お金が欲しいために行うというのは最も分かりやすい理由ですが、それ以外の理由がある人もたくさんいるのです。

 

例えば、自分が必要とされていることを実感したいという人もいます。
自分はいなくても誰も困らないと思ってしまった女性などが、パパ活でパパから必要とされるうちに元気を取り戻した、という例もあるのです。

 

その他にも、人によって様々な理由があるでしょう。
中には、十分なお金を持っているのにパパ活を辞められない、という女性もいるように、決してお金のためだけではないのです。

 

パパ契約の相場・金額は?

パパ活とは

 

パパ活をした場合、どのくらいのお金がもらえるのでしょうか?
その相場について、具体的な金額を解説します。
これはガイドラインがあるわけではなく、あくまでも暗黙の了解となっている金額です。

 

パパ活で最初に行われるのが、顔合わせです。
長期的な付き合いとなることが多いパパ活では、最初の1回を顔合わせとして契約内容の交渉などを行うのが基本です。

 

顔合わせの時点でお手当が発生することが多く、相場は5,000〜10,000円ほどです。
これは、条件が折り合わず契約にならなかった場合でも支払われます。
しかし、パパ活に慣れていない人の場合は、顔合わせでお手当が必要なことを知らないこともあります。

 

その場合は、お手当をその場で請求すると相手が納得せず、トラブルになってしまう可能性もあります。
そういった事態を避けるために、顔合わせの日程などを決める時にお手当についても話し合っておきましょう。

 

顔合わせ以外にも、軽食やお茶、モーニングで朝食を一緒に食べる場合などの手当ても、5,000〜10,000円ほどです。
その他、1時間未満の短時間であれば、同程度のお手当が相場となるでしょう。

 

パパの中には、女性と一緒に食事をしたいと考えている人が少なくありません。
食事の場合はそれほど拘束時間が長くないので、気軽に付き合えるでしょう。
食事はランチやディナー、お酒の席などがあります。

 

ランチの場合、お手当ての相場は10,000〜30,000円ほどです。
ディナーやお酒の席などであれば、30,000円前後になることも多いでしょう。
カフェなどの軽食でのランチであれば、相場は低くなります。

 

また、パパからの印象が悪い場合などは、相場よりも少ないお手当てになることもあります。
例えば、お手当てが5,000円くらいだった場合はあまりそのパパと相性が良くなかったのかもしれません。

 

一緒にカラオケやドライブなどに行くこともありますが、その場合も当然お手当てはもらえます。
また、ショッピングなどデートのようなこともするかもしれません。

 

カラオケの場合、お手当ての相場は10,000〜30,000円です。
ショッピングも同じくらいですが、ショッピングの場合はそれとは別にプレゼントをしてもらえるかもしれません。

 

ドライブの場合は時間も長くなることが多いので、お手当ての額も増えます。
その場合の相場は、30,000〜50,000円ほどとなります。
ただし、ドライブの場合は車内で2人きりになるので、信用できるパパとだけにしましょう。

 

仲の良いパパとは、一緒に旅行をすることもあります。
その場合、日帰りなのか、1泊なのか、それとも2泊以上するのかでお手当ての相場も変わってきます。

 

日帰り旅行の場合は、30,000円前後が相場です。
しかし、1泊になると50,000〜100,000円ほどが相場です。
2泊以上になれば100,000円以上、人によっては300,000円以上支払うこともあります。

 

金額が大きいため、詳細な条件は交渉次第となることもあります。
後になってから思ったより少ないということがないよう、条件やお手当ての金額については事前にしっかりと話し合っておきましょう。

 

少し変わった形として、月額契約というのもあります。
これは、1カ月間に会う回数を決めておき、その内容に関わらず一定の金額を支払うというものです。

 

例えば、月1〜2回程度であれば50,000円ほど、月4回以上なら100,000円以上など、アウ回数に応じて金額は増えます。
多ければ、500,000円以上もらえることもあるでしょう。

 

また、月額契約の場合は決まったお手当て以外にも、ブランドバッグやアクセサリーなどをプレゼントされることも定期的にあります。
パパによっては、お手当ての金額以上に得られるものもあるでしょう。

 

パパ活交際の内容

パパ活とは

 

パパ活交際では、どのようなことをするのでしょうか?
その具体的な内容について、解説します。
これからパパ活をしようと考えている人は、参考にしてください。

 

パパ活の基本は、デートです。
カップルが一緒に出掛けるようなことを、パパと行うのです。
その場所は、両社の合意があればどこでも構いません。

 

定番のコースは、ディナーデートです。
その場合、およそ2時間程度となるでしょう。
しかし、レストランのランクなどは同年代の男性とは異なります。

 

パパになる男性は、経済的な余裕があることがほとんどです。
そういった男性が連れていくのですから、普通に生活していてはまず行くことがないようなお店に連れて行ってもらえる可能性も高いのです。

 

高級ホテルでディナーを食べたり、おしゃれなバーなどに連れて行ってもらえることもあります。
そういったところで、食事をしながら楽しく会話をすることが望まれているのです。

 

それ以外にも、パパの好みで様々なところでデートをするでしょう。
最初は緊張してあまり話せないかもしれないので、そういったときは映画館などのデートであればあまり話さずに済むのでおすすめです。

 

ショッピングであれば、パパが欲しいものを買いに行きます。
しかし、その際は一緒にプレゼントを買ってもらえることもあるでしょう。
その価格はパパによって様々ですが、ブランド品を買ってもらえるのは珍しくありません。

 

パパ活での交際内容は、恋人同士で行うようなことであれば決まったものはないのです。
とはいえ、やはり年代が上の男性が多いため、同年代の男性とのデートとは違うでしょう。
服装なども、気合を入れなくてはいけないかも知れません。

 

人気のパパ活サイトは?

パパ活とは

 

パパ活をする際は、パパ活サイトで出会うのが一般的です。
SNSで出会うこともできますが、 やはりパパ活サイトを利用したほうが安全性も高く出会いも多いのです。
人気のあるパパ活サイトは、どのようなところでしょうか?

 

まず、『ラブアン』というサイトがパパ活では人気です。
プロフィールに動画を載せられるというのが特徴で、イメージと実物が異なるということが少なくなるため、ドタキャンなども予防できます。
会費が高めなので、余裕のあるパパが集まります。

 

『シュガーダディ』は、パパ活で有名なサービスです。
年収証明があり、男性会員のうち9割は年収1000万円以上という高収入男性が集まるサービスです。
そのため、相場以上のお手当てをもらえることも少なくありません。

 

『PJ』は、本人確認をしっかりと行う安全性の高いパパ活サイトです。
経済力のある若い男性会員が多いので、パパ活以外に兄活にもおすすめです。
医師や弁護士なども多いので、パパ活と並行して転職相談などもできるのも特徴です。

 

『ペイターズ』は、広告なども多く掲示している有名なパパ活サイトです。
男性会員の会費は1カ月プランだと12,000円とかなり高額なので、経済的な余裕がある男性ばかり集まっています。

 

『パディ67』は、本日会いたい機能があるので当日でも会えるパパを探すことができます。
すぐにでもお金が必要、という場合に便利なサイトです。
また、男性会員のおよそ7割は年収1000万円以上です。

 

『ユニバース?楽部』は、パパ活という言葉を世に広めたと言われる高級交際クラブで、男性会員だけではなく女性会員もランク付けされ、ランクが高い女性ほど高ランクの男性に紹介されるというシステムになっています。
女性は無料で利用できますが、入会する際はランク付けの審査があります。

 

『drosy(ドロシー)』は、2020年にサービスを開始した新しいパパ活サイトです。
プロフィールで過去に通報された回数などを見ることができるので、危険な男性を避けることができます。
今後伸びていくサービスとして、注目されています。

 

まとめ

パパ活に対しては、援助交際と同じようなイメージを抱いている人もいます。
しかし、実際には女性を応援したいという男性がパパになることが多く、女性もパパを楽しませることでお手当てをもらっています。
基本的に食事などを一緒にするだけで、売春とは違うので違法性も低いのです。
相手を探す際は、パパ活サイトを利用すると安全に見つけられます。
パパ活をするには、パパ活サイトを利用しましょう。